ホーム > 導入事例 > つがる西北五広域連合様

つがる西北五広域連合様
導入事例

つがる西北五広域連合様

※文中に記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2014年4月時点のものです。

●導入サービス:V-LAN

信頼性の高い医療情報ネットワークを実現

お客さまプロフィール

名称 : つがる西北五広域連合
住所 : 青森県五所川原市字岩木町12-3 つがる総合病院内3階
URL : http://www.tsgren.jp/

お客さまの課題と導入後の感想

万全なネットワーク環境を構築し、地域の医療情報連携システムを活用 質の高い医療を効率的に提供

つがる総合病院のサーバ室。

システムのバックアップカセットを交換している様子。医療情報データが厳重に管理されています。

つがる西北五広域連合が取り組む自治体病院機能再編成に伴う、医療連携システムのネットワークを提案していただきました。地域の医療機関が連携することで、圏内で完結できる効率的な医療体制を作るためのネットワークで、その運営主体は広域連合となっております。
つがる総合病院(五所川原市※旧西北中央病院)を中核病院として、かなぎ病院(五所川原市)、鰺ヶ沢病院(鰺ヶ沢町)、つがる市民診療所(つがる市)、鶴田診療所(鶴田町)をサテライト医療機関と位置づけた、診療情報を共有するネットワークの構築が必要でした。医療情報連携システムは、オーダリングシステム(※)から始まって、そこに電子カルテとして必要な情報を付け足していくわけです。そのネットワーク化について、数社から提案いただきました。
導入の決め手は、コスト面とレスポンスの良さです。さまざまな注文を前向きに検討し、対応してくれて助かりました。すでにシステムが稼働していた旧西北中央病院から、500~600メートル離れた場所に建てた、つがる総合病院への引っ越しがありましたが、その間も機能が途切れることなく、5病院で電子カルテを見られる状態にしておく必要がありました。古い建物と新しい建物を一つの建物ととらえた作業をしなければならず、大変だったと思います。
また、患者さんの個人情報を扱うので、セキュリティに関して万全な提案をしていただきました。今後、民間病院との連携も目指しており、セキュリティについて、さらに考えていく必要がありますので、いろいろと提案していただきたいと思います。

※オーダリングシステム:検体検査、処方、投薬などの情報を、情報端末から入力して、各部門に伝達するシステム。

提案内容について

システムのセキュリティと信頼性を確保するネットワーク

当初、つがる西北五広域連合様から、補助金を活用して、自前で光ファイバを敷設する構想があることを伺いました。維持・メンテナンスのランニングコストが高額なこと、障害が発生した場合は復旧に時間を要することなどを説明させていただき、通信キャリアのサービスの利用をおすすめしました。他社も含めてご検討いただいた結果、コストなどの面から当社を選んでいただきました。
医療情報向けネットワークは、個人情報を取り扱いますので、システムやネットワークには、強固なセキュリティと、徹底した運用管理が必要です。また、24時間365日の有人監視・保守が行われ、障害や災害時も滞りなく、サービスが継続されなければなりません。
つがる西北五広域連合様には、セキュリティと信頼性が高く、他の自治体様への提供実績が豊富な、高速イーサネット網サービス「V-LAN」を、ご提案しました。

「V-LAN 」は、広帯域で安価な料金を実現したネットワークサービスです。今後も、万が一、回線障害が起きても、トラブルを最小限に抑えるために、回線の二重化など、お客さまのニーズに応じた、新たなご提案ができるよう、努めていきたいと思います。

「V-LAN」は、多拠点間を高セキュリティ、高品質、広帯域なネットワークで接続したいお客さまに、おすすめのサービスです。医療情報向けのネットワーク回線に求められる、外部からの侵入が不可能なクローズドネットワーク、サービス品質保証制度(SLA)を備えた信頼性の高いネットワーク、24 時間365 日の保守体制など、セキュリティと信頼性を確保するサービスです。
また、CPEレンタルサービスをご利用いただくことで、ネットワークサービスとルータなどのCPE(※1)をTOHKnet が一括して保守いたしますので、お客さまのご負担を軽減させる事ができます。

※1:CPE(Customer Premises Equipment):顧客宅内装置

© Tohoku Intelligent Telecommunication Co., Inc.

お問合せ

トークネット光

pagetop