ホーム > 製品・サービス > おトークオフィス・ワン > ご利用条件・注意事項

おトークオフィス・ワン
低価格でご利用可能な広域イーサネットサービス

ご利用条件・注意事項

1.ご利用条件・注意事項

  • 本サービスは帯域を複数ユーザで共有して利用する「帯域共用型」のサービスです。ご利用できる帯域は網内の混雑具合によります。リアルタイム性や高品質を求めるお客さまには不向きですので十分ご注意願います。
  • 1アクセス回線あたりの接続可能端末数は、最大50台となります。これを超えての利用はできません。
    • ※C方式をご利用の場合は、NTT東日本の仕様に準じます。
  • 最低利用期間満了前の解約及び月額料金の減少が伴うサービス変更時は、残余期間に相当する額をお支払いいただきます。
  • C方式におけるフレッツ回線につきましては、当社がNTT東日本より直接調達する「バンドル型」に限ってご提供します。お客さま名義のフレッツ回線を使っての接続やフレッツの譲渡を伴うようなお申込・解除の手続きはできません。
  • A方式・B方式における回線区分や提供品目の変更およびC方式における提供品目の変更は受付できません。ただし回線の移動を伴い、当社が既存回線と同一品目での提供ができない場合を除きます。
  • 契約手続き完了後に、お客さま都合で契約の取り消しを申し出いただき工事着手をしていた場合は、工事費の実費を請求させていただく場合がございます。
  • 故障時の当社からの能動的な故障通知は実施しておりません。
  • 故障受付は24時間365日受付可能ですが、保守対応につきましてはお申込時にご選択いただく回線保守オプションにより条件が異なります。
  • 計画作業による回線停止につきましては、以下の対応となります。

    A方式・B方式 ⇒ メールにて通知いたします。なお、回線停止日時の調整はできません。
    C方式 ⇒ TOHKnetホームページに掲載いたします。なお、回線停止日時の調整はできません。

  • その他提供条件等につきましては、本サービスの契約約款に基づきます。

2.C方式におけるイーサ接続装置の設置/保守について

A方式・B方式の設置/保守は「オンサイト(※)」になりますが、C方式のイーサ接続装置については、「センドバック」「コールドスタンバイ」の2つのタイプよりご選択いただけます。

  • ※オンサイトとは、設置・故障時に当社より現地に作業員を派遣するタイプとなります。

A方式・B方式(TOHKnet 光アクセス使用)・C方式(NTT東日本 フレッツ光ネクスト、Bフレッツ、フレッツADSL使用)

保守区分 センドバック コールドスタンバイ
イーサ接続装置の設置方法 開通日前までに当社からお客さまにイーサ接続装置1台を配送いたします。イーサ接続装置はその後お客さまによるDIY設置をしていただきます。 開通日前までに当社からお客さまに現用機および予備機の合計2台のイーサ接続装置を配送いたします。 イーサ接続装置はその後お客さまによるDIY設置をしていただきます。 予備機は万が一の故障に備え、お客さまに保管していただきます。
イーサ接続装置故障時の対応 お客さまからの故障連絡を受けて、当社より代替機を配送します。到着後、再度お客さまにより設置していただきます。故障機は当社までご返却いただきます。 イーサ接続装置故障時には、あらかじめ配送してある予備機にお客さまにて交換していただきます。故障機は当社までご返却いただきます。新たな予備機の発送手配は故障機が当社へ到着後となります。
イーサ接続装置故障時の
代替機発送対応時間
お客さまからの代替機の発送依頼が平日9:00~17:00までにあった場合、当社で当該日中の発送手配をします。それ以外の時間に依頼があった場合は、直近の当社営業日の発送手配となります。
イーサ接続装置故障時の
予備機発送対応時間
お客さまからご返却いただいた故障機が平日9:00~17:00までに当社に到着した場合、当社で当該日中の発送手配をします。それ以外の時間に到着した場合は、直近の当社営業日の発送手配となります。

関連サービス

© Tohoku Intelligent Telecommunication Co., Inc.

お問合せ

トークネット光

pagetop