ホーム > 導入事例 > 東北送配電サービス株式会社様

東北送配電サービス株式会社様
導入事例

東北送配電サービス株式会社様

※文中に記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2021年1月時点のものです。

導入事例のご紹介

労力軽減と業務効率化のため
クラウドPBXを構築

お客さまプロフィール

住所 : 宮城県仙台市青葉区本町二丁目5-1 オーク仙台ビル5階
名称 : 東北送配電サービス株式会社
TEL : 022-221-6140
(業種:サービス業)

電話設備の見直しを図りクラウドPBXサービス導入へ

東北送配電サービス株式会社様は、これまで、複数の業者から構内交換機(PBX)を購入し使用していました。固定電話回線はTOHKnetとNTTの2つのキャリアで、携帯電話は730台ほど契約していました。拠点数、端末数も多く、複数の業者と契約しているため、現状把握や維持管理にかなりの労力と時間がかかっている状態でした。

また、拠点間(事業所間)や現場からの通話も多く、電話をかけた時に、担当者に電話を取り次いでもらう手間や、不在時の折り返し、伝言メモなども多くあり、スムーズな連絡体制を実現する業務運営の改善の課題もありました。

「全社の電話設備を『TOHKtalk』に一元化し、クラウドサービスを利用することで、電話設備の維持管理に係る労力を軽減。

外出先でも携帯電話(スマホ)で内線と外線通話の両方を一台で利用可能にし、外出先と事務所との連絡は個人に直接通話できるようになり、業務の効率化が図られ働き方改革になりました。

電柱の保守点検などを行う現場では、『安全作業心得』や『各種技術資料』などをスマホに保存し、作業時に閲覧できるようにしました。さらに、『LINE WORKS』アプリの活用で社内での情報共有が容易になり、グループトークでの迅速な情報伝達のほか、現場で新人作業員が判断に迷う時などは、上司からビデオ通話や写真送付などで指導を受けられるようになり、利便性が飛躍的に向上しました」と企画総務部副長の伊勢様は話します。

課題やニーズに対応し速やかな導入を実現

導入にあたり、東北送配電サービス株式会社様にとってスマホの課題は、通話品質でした。

「これまで使っていた電話の音声データ通信と同等の通話品質で使用できるのか心配でしたが、事前にデモ機でのトライアルを行い、音声品質を確認し、不安を解消することができました。安定した音質なので、支障なく業務に利用できています。また、スマホのキッティング、初期設定、通信工事など導入作業の全てをTOHKnetに一括で依頼したことで、一元的な工程管理とスムーズな導入が実現しました」と企画総務部副長の田代様。

コロナ禍のテレワークでも有効活用

さらに、「コロナ禍においてもクラウドPBXの導入はとても役立ちました。人を集めて行う業務が難しい中で、無料内線通話機能のあるスマホアプリが会議や打合わせ、研修などの現場で大活躍しました。また、在宅勤務の時も、社内外とのコミュニケーションを円滑に行うことができました。コロナ禍における活用のほか、現場では当初の想定以上に有効活用してくれています」と話します。

新規事業の防犯カメラ『より、そう、カメラ。』の保守点検時にも、「スマホに電柱の位置情報を登録することで効率的な作業ができるようになりました」と電柱広告部部長の樋口様は話しています。

お客さまの業務効率化のご提案をしてまいります

東北送配電サービス株式会社様は、拠点数や現場の数も多いため、業務情報を速やかに伝達する方法が課題でした。

今回導入していただいたクラウドPBXサービスで、外出先でもスマホ1台で内線と外線が利用でき、お客さまや社員同士などダイレクトに通話することができるようになり、電話取りつぎなどの労力を軽減することができました。さらに、アプリケーションを活用するなど情報共有と業務効率化が実現したと伺いました。

これからも、お客さまのニーズにお応えできるよう、最適なご提案をしていきたいと思います。

© Tohoku Intelligent Telecommunication Co., Inc.

お問合せ

トークネット光

pagetop