ホーム > お知らせ&プレスリリース > データセンターサービスの強化について

お知らせ&プレスリリース
News

データセンターサービスの強化について

2011年8月1日
東北インテリジェント通信株式会社
 
データセンターサービスの強化について
 
~都市型データセンター「仙台中央データセンター」の開設およびデータセンター専用回線をリリース~

 

 

 東北インテリジェント通信株式会社(略称:TOHKnet、トークネット、代表取締役社長:柴田 一成、本社:仙台市青葉区)は、平成23年8月1日より『仙台中央データセンター』を開設し、信頼性の高いレンタルラックサービスの提供を開始いたします。

 近年、情報システムのアウトソーシング需要の高まりからデータセンターへのニーズが高まっており、特にIT担当者がすぐに駆けつけることができる都市型のデータセンターに注目が集まっております。
 さらに、東日本大震災以降は、ディザスタリカバリ(災害被害回復措置)やBCP(事業継続計画)の一環として、データセンターに情報システムを移設する動きが急速に高まっております。
 こうした動きに対応するため、弊社では新たに『仙台中央データセンター』を開設いたします。
 弊社はこれまで、弊社と提携会社の5つのデータセンターでサービスを提供しており、様々なお客さまニーズに対応しております。
 今回は満床により新規受入を停止していた弊社のデータセンターの移設統合と併せて『仙台中央データセンター』を開設し、サービスの強化を行うものです。
 『仙台中央データセンター』は、利便性に優れた仙台市中心部に位置しており、最新のハイブリッド制震構造、安定した電源供給システム、高効率空調設備、高セキュリティ設備等、充実した設備を備えた上で、経済的な価格でサービスを提供いたします。

 また、弊社では、データセンター専用の回線として、「V-LAN(高速イーサネット網サービス)」に『DC型(バーストタイプ)』を、法人向けインターネット接続サービス「TOCN」に『上流プラス』を新たに追加いたします。
 これらの回線を弊社データセンターと併せてご利用いただくことにより、お客さまはより安全・快適・経済的にネットワークを構築することが可能になります。

 弊社では、今後とも東北と新潟の通信事業のリード役として、お客さま満足度ナンバー・ワンを目指して、お客さまのIT環境をより効率的かつ安全に構築するため、万全のサポート体制と最高水準のサービスを提供してまいります。

 

 

1.仙台中央データセンターについて
(1)仙台中央データセンターの概要
項目 仕様
住所 仙台市青葉区
地震対策 ハイブリッド制震構造
ラック積載荷重 300kg/ラック(耐震荷重)
受電方式 33kV 3回線スポットネットワーク受電方式
UPS 高効率UPS(N+1)
供給電力 単相100V/200V
空調 電算機専用型空冷ヒートポンプ床下吹出し(N+1)
※高顕熱型、年間総合COP4.5程度
環境対策 自動照明、高効率UPS、高顕熱型空調、冷暖気分離(アイルキャッピング)、ラック温湿度監視、ラック電流監視(見える化)、天井下配線、居室分離(無人遠隔監視)等
セキュリティ 24時間365日遠隔監視(非接触ICカード、監視カメラ)、生体認証、多段階セキュリティシステム
運用 24時間365日遠隔監視、障害対応等は24時間365日駆け付け対応(同ビル内待機)、宅配ボックス・レンタルロッカー設置
(2)提供サービス
サービスメニュー サービスの主な内容
レンタルラックサービス 19インチラックを電源・空調とセットでレンタルするサービスです。
19インチフルラック(42U、2kVA付)とハーフラック(19U、1kVA付)の2つのメニューがございます。
オプションメニュー レンタルラックサービスに対して、電源やラックに必要な機器類を追加するメニューがございます。
運用サービス 定期監視サービス、作業代行サービス、緊急時対応サービス等のメニューがございます。
(3)料金額
サービスメニュー 単位 初期費用
(税込額)
月額料金
(税込額)
基本サービス 19インチフルラック(2kVA) 1ラック 250,000円
(262,500円)
150,000円
(157,500円)

※その他のサービス料金額につきましては、弊社営業担当にお問い合わせください。

 

(4)提供開始日
平成23年8月1日

 

2.V-LANへの「DC型(バーストタイプ)」追加について

 事業所間で信頼性の高いデータ交換を可能とする「V-LAN(高速イーサネット網サービス)」に、弊社データセンター及び提携データセンター(※1)専用の回線として、回線の物理インターフェイスまで通信帯域を拡張(※2)させる機能を持つ「DC型(バーストタイプ)」を追加いたします。
 「DC型(バーストタイプ)」をご利用いただくことにより、拠点のトラヒックが集中するデータセンターに経済的で最適なネットワーク環境を構築することが可能になります。
※1 提携データセンターの詳細につきましては、弊社営業担当にお問い合わせください。
※2 確保帯域を超えるトラヒックは、他ユーザーさまの通信影響により、通信帯域を拡張できないことがあります。

 

(1)サービス仕様
  イーサネットアクセス方式
DC型(バーストタイプ)
物理インターフェイス 最大帯域 確保帯域
品目 10Mbps 10Mbps 1Mbps
100Mbps 100Mbps 10Mbps
提供エリア 弊社仙台中央データセンター・提携データセンター限定
最低利用期間 1年間
故障受付・復旧対応 24時間365日体制で対応
割引制度 ・長期継続利用割引
・高額利用割引
SLA(サービス品質保証制度) ・網内遅延時間
・稼働率
・故障回復時間
■「DC型(バーストタイプ)」の特長
 「DC型(バーストタイプ)」は、回線の物理インターフェイスまで通信帯域を拡張させる機能を持っているため、拠点のトラヒックが集中するデータセンター用の回線として最適であるとともに、回線の確保帯域を一部に留めることで、お客さまがご利用になりやすい料金設定も実現しております。

 さらに、従来のV-LANの料金体系はアクセス回線と中継回線に区分した料金体系となっておりますが、「DC型(バーストタイプ)」は区分が無いTOHKnetエリア一律のシンプルな料金体系を採用しております。

 

「DC型(バーストタイプ」のイメージ図

(2)月額料金額
品目 最大
帯域
確保
帯域
基本回線料
(税込額)
配線設備
使用料
(税込額)
回線終端装置
使用料
(税込額)
DC10 10Mbps 1Mbps 76,000円
(79,800円)
2,000円
(2,100円)
5,000円
(5,250円)
DC100 100Mbps 10Mbps 276,000円
(289,800円)
2,000円
(2,100円)
5,000円
(5,250円)
(3)提供開始日
平成23年8月1日

 

3.TOCNへの「上流プラス」追加について

 常時接続型インターネット接続サービス「TOCN(TOHKnet Computer Network)」に、弊社データセンターおよび提携データセンター(※1)専用の付加機能として「上流プラス」を追加いたします。
 コンテンツ等の情報提供を目的としてデータセンターを利用されるお客さまは、上流(データセンター→インターネット)方向の送信トラヒックが、下流(インターネット→データセンター)方向の受信トラヒックより多いというトラヒック特性をもっております。「上流プラス」をご利用いただきますと、送信トラヒックを契約帯域の4倍(※2)に帯域拡張(※3)することが可能になります。
 「上流プラス」は、TOCNtypeX、TOCNtypeAイーサネットアクセスの付加機能として提供いたします。
※1 提携データセンターの詳細につきましては、弊社営業担当にお問い合わせください。
※2 拡張帯域はTOCNの品目によって異なります。
※3 帯域拡張分も帯域確保型になります。

 

(1)サービス仕様
  TOCNtypeX TOCNtypeA
イーサネットアクセス
上流プラス
品目 下流:10~100Mbps
※上流は下流の4倍(品目によって異なる)
提供エリア 弊社仙台中央データセンター・提携データセンター限定

※その他のサービス仕様については、TOCNtypeX、TOCNtypeAの仕様に準ずる。

 

(2)サービスイメージ

「上流プラス」のイメージ図

(3)料金額
料金額につきましては、弊社営業担当にお問い合わせください。

 

 

(4)提供開始日
平成23年8月1日

 

以 上
本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
報道関係者さま: 総務部  TEL:022-799-4204
お客さま: 営業部  TEL:022-799-4211

© Tohoku Intelligent Telecommunication Co., Inc.

お問合せ

トークネット光

pagetop