ホーム > お知らせ&プレスリリース > 標的型攻撃メール対応訓練サービスの提供開始について

お知らせ&プレスリリース
News

標的型攻撃メール対応訓練サービスの提供開始について

2016年4月25日
東北インテリジェント通信株式会社

 

 

  TOHKnet(トークネット、社名:東北インテリジェント通信株式会社、代表取締役社長 佐久間 洋、本社:仙台市青葉区)は、平成28年4月25日より、「標的型攻撃メール訓練対応サービス」の提供を開始いたします。

 本サービスは、TOiNX(トインクス、社名:東北インフォメーション・システムズ株式会社、取締役社長 早坂 栄二 本社:仙台市青葉区)と協同で提供いたします。

 

 近年、標的型攻撃メールを使用したセキュリティ事件が多発しており、企業が保有している重要な情報が盗まれる事案が増加しております。これらの情報が窃取された場合は、企業の信用失墜、損害賠償・対策費の発生など深刻なダメージを受けることとなります。
 本サービスは、従業員等に標的型攻撃メールの存在を改めて認識させ、不審メール受信時には迅速かつ適切な対応ができるよう教育し、未然にセキュリティ事件を防ぐための教育型サービスとなります。

 

 TOHKnetでは、今後とも東北地域と新潟の通信事業のリード役として,お客さま第一主義の精神のもと,お客さまのネットワークをより効率的かつ安全に構築するため,万全のサポート体制と最高水準のサービスを提供してまいります。

 

 ※標的型攻撃メールとは
  企業や組織から、社内システムのアカウントや個人情報を盗むなどの目的で、メール受信者をだまして
  添付ファイルや本文中のURLを開かせようとする、巧妙な成りすましメールです。  

 

 

 

1.サービス概要
 
 標的型攻撃メール対応訓練サービスの内容として、攻撃メールを模擬した無害の“訓練メール”を対象者に送信いたします。訓練メールに含まれるURLリンクあるいは添付ファイルを開封した対象者には、教育コンテンツが表示されるとともに、開封した日時等のアクセスログが訓練サーバー側に取得されます。訓練終了後にファイル開封率等の報告書を提出いたします。
 

 

基本メニュー オプションメニュー
訓練メール準備:1種類

訓練メールパターン追加、メール送信回数追加、
メール文面作成代行、開封時コンテンツ追加、
アンケート実施、質問内容カスタマイズ、
教育コンテンツカスタマイズ、予告メール代行、
種明かしメール代行、報告書作成、
グループ単位での開封率算出、開封結果報告、
報告会、ドメイン取得代行

訓練メール送信:1回
開封時コンテンツ:1種類
開封結果報告:1回

 

2.サービス仕様およびご利用料金

 サービス仕様および料金の詳細につきましては、営業担当までお問い合わせください。

 

3.申込受付開始日

 平成28年4月25日

 

以上
 
 
本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
報道関係者さま: 営業推進部  TEL:022-799-4211
お客さま: ソリューション営業部  TEL:022-799-4217

© Tohoku Intelligent Telecommunication Co., Inc.

お問合せ

トークネット光

pagetop